永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

新年度会費納入にご協力を 「会報」と「会費納入のお願い」発送しました

貴志川線の未来をつくる会は、6月23日伊太祁曽神社常磐殿で「会報15号」と「新年度会費納入のお願い」2187通の発送作業を行いました、作業には役員、登録スタッフ、お手伝い頂いた電鐵社員52名が参加しました。
作業終了後和歌山電鐵麻生総務企画部長から平成30年度和歌山電鐵の決算について、貴志川線が平成29・30年度と2年連続赤字となった大変厳しく危機的状況について報告を受け、地域とくらしを支える公共交通機関として、貴志川線の永続を目指して活動を強化していかねばならないことを全員で確認しました。
会員の皆様には、引き続きご入会をお願いするともに、貴志川線を支える輪を大きくするため、新規入会の取り組みにもお力添えをお願いいたします。

■和歌山駅貴志川線ホームで入会(新規・継続)の受付を行います。
月 日:7月3日(水)、4日(木)、6日(金)
時 間:午後3時から午後7時30分まで

会報15号発送作業 会報15号発送作業

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ