永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

体験して、食べて、見て、多彩なイベント楽しむ「第11回貴志川線祭り」に5000人

第11回貴志川線まつり

「しょうぶ保育園」鼓笛隊の演奏

貴志川線運営委員会主催「第11回貴志川線祭り」が11月5日(日)、伊太祈曽駅と伊太祁曽神社を会場に開かれ5,000人が来場しました。
伊太祁曽神社会場の開会式は「しょうぶ保育園」鼓笛隊の演奏で始まり、和歌山県、和歌山市、紀の川市代表が出席される中、主催者あいさつを和歌山電鐵礒野専務と貴志川線の未来をつくる会濵口代表が行いオープン。
会場には開会前から多くの親子連れが訪れ、「たま駅長ふあふあ」と「ミニいちごトレイン」が大人気で順番待ちの長蛇の列。「子ども広場」のヨーヨー吊り、綿菓子、千本引き、地元農家の「長原北まちおこしねっと」の野菜・果物の産直販売、紀の川市商工会の飲食屋台村、和歌山市と紀の川市観光協会PRテントなどで食べて、遊んで、見て、大賑わい。
社務所2階の常磐殿では「ぬり絵」、「お手玉」、「たま駅長の折り紙」、Oゲージ鉄道模型の運転が行われ、小さいお子さんでいっぱい。

第11回貴志川線まつり

ミニ・いちごトレイン

第11回貴志川線まつり 子ども広場

子ども広場

第11回貴志川線まつり 住民運動コーナー

住民運動コーナー

第11回貴志川線まつり 常盤殿

常盤殿 (ぬり絵・お手玉など)

つくる会は今回初めて「地方鉄道存続・活性化/がんばる住民運動コーナー」を設置、全国各地の5団体から寄せられたポスター、のぼり、資料を展示しアピールしました。

第11回貴志川線まつり おもちゃ電車を下からみてみよう

おもちゃ電車を下からみてみよう

伊太祈曽駅会場では、毎回人気の「運転士・車掌体験」、「洗車体験」、「おもちゃ電車を下からみて見よう」と、初イベントの「たまメイクに挑戦フェイスペイント」、「県警白バイ展示」、「ヤマト運輸交通安全教室」が行われ、こちらも行列ができる盛況。

第11回貴志川線まつり フェイスペインティング

フェイスペインティング

第11回貴志川線まつり 白バイ、ヤマト運輸展示

白バイ、ヤマト運輸展示

登録有形文化財の木造車庫では昨年好評の「オルケスタ・デ・ タスケルオ コンサートin貴志川線」が今年も行われ、アンコールも出るなど演奏を楽しみました。
貴志川線祭りの運営には、電鉄社員と共に「つくる会」役員と登録スタッフなど95名
が参加しました。
開催にご協力いただいた行政ならびに地域各団体関係者の皆さんにお礼申し上げます。

第11回貴志川線まつり バンド演奏

オルケスタ・デ・ タスケルオ コンサートin貴志川線

第11回貴志川線まつり 電車は満員

電車は満員でした。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ