永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

28年度「共育支援メニューフエア」に参加

 

貴志川線の未来をつくる会は和歌山電鐵とともに、8月3日和歌山市ビッグ愛で開催された28年度「共育支援メニューフエア」に参加しました。

このフエアは和歌山県教育委員会、和歌山県主催で子供たちの新たな学びを見い出すため、専門的な知識や技能を持つ企業・大学・NPO等各種団体及び行政機関等と学校関係者及び社会教育関係者が一堂に会し意見交換を行う場として開催されているもので、50の団体がブースを作って参加。

貴志川線の未来をつくる会は、存続に向けた活動年表展示と会報・活動報告リーフレットの配布を行い、貴志川線の永続へのボランテイア活動をメーンとした出前講座開催と、貴志川線を利用しての遠足に合わせた「電車教室」や、電車を利用した事の無い子供たちが多くいることから電車の利用体験の開催を参加の学校関係者に呼びかけました。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ