永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

第5回「駅からウオーク&ハイキング」第1コースに86名

和歌山電鐵と貴志川線の未来をつくる会主催第5回「駅からウオーク&ハイキング」第1コース「ゆかりの阿備の七原を歩く」が12月13日行われました。

岡崎前駅を出発し、希少な吊り編み機見学と、古代紀の国の女王伝説ゆかりの名草神社・竈山神社訪ねる約6.3キロのコースで86名が参加。

岡崎前駅で受付と開会式を行い、スタッフ合わせ96名で出発。最初の訪問地「和田メリヤス」では珍しい「吊り編み機」を社長さんの説明で見学、名草神社へ向かい谷口宮司から名草戸畔に関わる神社の由緒説明を受け、またみかんやお菓子の接待をいただきました。次いで竈山神社へ向かい昼食、神社総代さんの手ほどきで注連縄つくり体験に挑戦。わらを手に悪戦苦闘して楽しいひと時をすごし、作り上げた注連縄を手に解散地の竈山駅に向かい第1コースを終えました。今回も各所で観光ガイド和歌山の松浦さんの説明を受け、つくる会10名、電鐵3名がスタッフとして参加、随行しました。

次回コースNo2は1月17日(日)「峠を越えて貴志川へ、田園と水辺を巡る」が開催されます、お申込みの上ご参加をお待ちしています。申し込み締め切りは1月6日。

◆詳細は和歌山電鐵のホームページをご参照下さい。

◆お申込み・問合せは 和歌山電鐵 電話:073(478)0110まで

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ