永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

都道府県庁所在都市議長会一行が貴志川線を視察

都道府県庁所在都市議長会一行 都道府県庁所在都市議長会一行

平成27年11月13日都道府県庁所在都市議長会の一行80名が貴志川線を訪問されました、11月12日から和歌山市で開催されている同協議会第27回総会の視察として実施されたもの。

一行は会場ホテルからバスで貴志駅に到着、貴志駅を見学されたあと「たま電車」に乗って伊太祈曽駅に到着、和歌山電鐵や貴志川線の未来をつくる会など関係者の出迎えを受け、検車庫に移動、「きいちゃん電車」内で和歌山電鐵麻生総務部長と貴志川線の未来をつくる会濵口代表からそれぞれの立場で、廃線表明から存続までの経過と取り組み、課題の報告を行った。和歌山電鐵では、行政と事業者、住民利用者、商工界、学校等で「貴志川線運営委員会」が組織され、有機的に連携して施策と多くのイベントを行い、収支は改善されてきていますが、それでも赤字経営が続いており、地域の足としての公共交通を守っていくためには、行政の支援がなければ地方の民間会社は成り立たないことを訴えました。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ