永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

中川隆人遺作写真展「貴志川線の四季」(フオトトレイン)運行

中川隆人写真展
中川隆人写真展 中川隆人写真展

貴志川線の未来をつくる会幹事で、今年4月に71才で亡くなられた中川隆人さんの遺作写真展「貴志川線の四季」が和歌山駅9番ホームと営業電車内で開催されました。

中川隆人さんは、平成21年2月からつくる会の幹事に就任し、記録・広報担当として活躍されました、貴志川線の未来をつくる会では貴志川線をこよなく愛し、永年幹事として記録撮影や各種イベントの成功に積極的に活動され、大きな功績を残された中川隆人さんの功績を称え偲ぶとともに、貴志川線の魅力をアピールする写真展の開催を企画し、和歌山電鐵の協力を頂いて実現したもの。

開催に当たり、つくる会では実行委員会をつくり、5回の委員会を開催して中川隆人さんが生前撮りためた貴志川線の約7,000枚の写真から、四季毎やイベント関係の総計86点を選び、中川隆人氏のプロフイールと追悼のメッセージと共に展示しています。

また、中川隆人さんは10年前の和歌山電鐵創業以来貴志川線関係の詳細な資料を収集され20冊のフアイルに整理されていました、10月15日伊太祈曽駅の車庫で車内への写真取付作業に先だち、奥様の中川聖子さん、次女の中野朝子さん、電鐵、つくる会ら関係者が出席して、資料フアイルの贈呈式行われ、中川聖子さんから写真・資料一式を和歌山電鐵に贈呈する「目録」が磯野省吾和歌山電鐵専務に渡され、和歌山電鐵からは「感謝状」が贈られました。

中川隆人遺作写真展車両には、つくる会が作ったヘッドマークが付けられ11月13日(金)まで運行されます。写真展がある車両の運行時刻は和歌山電鐵(073・478・0110)へ問い合わせ、またはホームページをご覧下さい。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ