永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

「貴志川線応援絵手紙電車」4月まで走ります

絵手紙電車の車内 絵手紙電車準備作業

楽しい絵手紙電車を展示して貴志川線を応援しようと「もっとずっと貴志川線」をテーマに募集していた「絵手紙」は昨年11月からの2ヶ月間に北海道から九州まで全国37都道府県から1436枚もの応募をいただきました。
この絵手紙募集は、利用促進の一助になればと、岩出市で絵手紙クラブを主宰する島本忠生さん、佳代子さん夫妻のご提案により、貴志川線応援絵手紙愛好クラブと命名され、「チャレンジ250万人 あと4回多く乗って永続させよう」に取り組んでいる和歌山電鉄と貴志川線の未来をつくる会の三者共同で呼びかけていたもので、たま駅長はじめ四季を感じさせる風物など個性あふれる作品が寄せられました。
大きな反響に主催者は嬉しい悲鳴、1月25日22名で台紙への貼付け、30日に11名で車内への掲示作業を行い、車両2両の中吊りや窓上に全作品を貼り付け、オリジナルヘッドマークも取り付けられています。貴志川線を応援する全国の絵手紙愛好家の熱い思いのこもった作品を是非ご覧ください。
※運行期間は1月31日(金)~4月6日(日)
※運行日、時刻はわかやま電鉄のホームページか、和歌山電鉄073-478-0110までお問合せください

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ