永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

4月期実績「チャレンジ250万人」単月目標初めて上回る

チャレンジ250万人 チャレンジ250万人

貴志川線の自立経営に必要な、乗車人員250万人達成を目標に取り組んでいる「チャレンジ250万」運動も4年目に入りましたが、この4月期実績で月間目標20万8千人に対し21万2千人(対前年度比106.4%)と4千人上回り、単月ではありますが運動開始以来初めて目標を上回ることができました。

この要因は外国人観光客の增加と、3年間の取り組みを通じて地域に「あと4回乗って」「250万人への理解が深まった結果と思われます。

和歌山電鐵では、この好成績を継続させていくため、変わり続けるお客様のニーズや外部環境の変化に対して、ダイヤ改正や車両運用の見直しなどきめ細やかな改善や見直しを積み重ねていくとしています。

私達も引き続き好成績が持続できる様に、利用促進に取り組んでまいります。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ