永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

クリスマス電車でクリスマス気分を 12月21には「クリスマスプレゼント電車」を運転

クリスマス電車でクリスマス気分を クリスマス電車でクリスマス気分を

お客様にクリスマスの雰囲気を味わっていただこうと、貴志川線の 「いちご」 「おもちゃ」 「たま」 の各電車にクリスマスリースのヘッドマークが取り付けられ運行しています。

このリースは、通学にご利用下さっている沿線の信愛女子短期大学生活文化学科の学生さん24名が約2ヶ月かけて、各車両をイメージしたリースを手作りで6枚作って下さったもの。 信愛短期大学は貴志川線廃線問題が起きた時から、短大にとっても大きな問題だとして、地域と一体となって貴志川線を盛り上げようと常にご協力を頂いており、先にはいちご電車の座布団を作って下さっています。

11月29日、学生さんの代表6名が参加して、伊太祈曽駅でサンタ姿のニタマ・スーパー駅長も同席してお披露目といちご電車への取り付けが行われました。

クリスマスリースのヘッドマークと車内をクリスマス図柄のポスターで飾ったクリスマス電車は、11月30日から12月15日まで運行されます。

また、貴志川線で例年好評の「クリスマスプレゼント電車」を12月21日(日) に運転いたします、定員は150名、往復はがきによる事前申し込みとなっています。

お申込みの詳細は、和歌山電鐵または貴志川線の未来を”つくる”会のホームページでご確認下さい。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ