永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

車内に軽快なスイング「JAZZトレインin貴志川線」運転

11月9日、いちご電車を臨時列車に仕立てて 「JAZZトレインin貴志川線」 が運転され、車内に流れる軽快なスイングを楽しみました。

この催しは、貴志川線の永続に向けた利用促進キャンペーン「チャレンジ250万人」を応援しようと、県立粉河高校の文化クラブKLB (粉河高校ラテンバンド) の皆さんからジャズを通じて学校がある紀の川市を走る貴志川線を応援しようとの申し出をいただき実現したもの。

KLBは創立48年の伝統と県内トップクラスの実力バンド、指導されているプロドラマーの瀧 益生さんの軽妙な司会で、伊太祈曽駅から和歌山駅の往復と和歌山駅での1時間20分の留置時間に22名の生徒さんがインザムード、A列車で行こう、シングシングなどを演奏、参加者からは手拍子も起こり楽しいひとときを過ごしました。

IMG_6687 IMG_6706

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ