永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

地域の“足”永続を ニタマ駅長絵馬に願い

20140702御夢想灸祈願祭2 20140702御夢想灸祈願祭

貴志川線沿線(山東駅下車徒歩約10分)の足の神様として知られる足守(あしがみ)神社の大祭「御夢想灸」を前に、7月2日和歌山駅貴志川線ホームで伊太祈曽駅の「スーパー駅長ニタマ」とサッカー関西1部リーグ「アルテリーボ和歌山」の選手が集まり祈願祭が行われた。

祈願祭には同神社の吉田純啓別当が、地域の“足”貴志川線の永続とアルテリーボ和歌山のJリーグ昇格の祈祷を行い、ニタマ駅長と選手たちはわらじの絵馬に「貴志川線が永続できますように!」、「Jリーグ昇格出来ますように!」、「怪我なくプレー!」など願いを込めてホームのフエンスに結び付け祈願した。

「御夢想灸(ごむそうきゅう)」は、900年の歴史をもち、年に一度足にお灸をすえてもらうことで足の病気が治るとされる大祭で、7月6日(日)午前6時から午後4時まで行われます、貴志川線に乗ってお越し下さい。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ