永続へ向けて!チャレンジ250万人!!

「貴志川線に乗ってじゃが芋掘り」準備進む 畑の草引き行いました

IMG_0135-2 IMG_0138-2

毎年多くの応募をいただいている、和歌山電鐵と貴志川線の未来をつくる会主催の体験型イベント「貴志川線に乗ってじゃがいも掘り」を今年も6月8日(日)に、甘露寺前駅横の畑で開催いたします。

この催しは貴志川線の利用促進を目的に、沿線の「長原北・鳥居地域資源保存会」の農家の皆さんの全面的な協力を頂いて開催しており、今年で7回を迎えます。

2月2日に種芋の植付けを行い、4月20日には草引きを農家や西貴志保育所の先生、保護者、和歌山電鐵と貴志川線の未来をつくる会から30名が参加、あいにく時々小雨の降る天候でしたが、朝9時から3時間半かけての作業で、2枚合計約15アールの広い畑はすっかり除草されました。保存会の山田会長は「順調に生育しており作柄は期待できる」と太鼓判を押しており収穫は期待出来そうです。

参加者募集は、ポスター、ちらし、ホームページ(和歌山電鐵・貴志川線の未来をつくる会)などでお知らせいたします、楽しみにお待ち下さい。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ